訪問着とは?付下げとは?着物の種類を解説

訪問着・付け下げって何?

こんにちは。京都の着物屋の若旦那です。

今回は、区別が少し難しい訪問着と付下げについて解説しますよ。

訪問着とは?

訪問着は、全身に模様の入っている豪華な着物というイメージがあると思います。

だいたい、それで合っているのですが、正確な定義としては「訪問着とは、主に胸、肩、袖、裾などに模様がつながるように染めた着物」を言います。

訪問着は、デザインによって色々な種類があるので、少し区別が付きにくいのですが、模様や柄が全体に繋がっている着物です。

例えば、こちらような着物です。

View this post on Instagram

藤井友子さん(@tomokofujii_ritofu)がシェアした投稿

京友禅の華やかな訪問着ですね。

裾の部分が綺麗な絵羽模様につながっていますよね。

訪問着の紋について

訪問着は社交の場で着ることの多い着物です。

格のある古典柄の訪問着なら、染め抜き日向一つ紋を付けておくと、準礼装として披露宴などにも着ていくことができます

豪華な柄の訪問着なら三つ紋を付けても良いでしょう。

軽い柄ゆきのものや気軽に着たい場合には、中陰紋(ちゅうかげもん)、陰紋(かげもん)、染め紋(そめもん)、繍紋(ぬいもん)などを付けて軽めの社交着として着ることができます。

着物の格や紋の入れ方は、絶対的に決まったものがあるわけではないので、着物の柄ゆきや豪華さで判断することが大切です。

次に付下げの解説です。

付下げとは?

付下げは、着尺を仕立てた時に、模様が肩山、袖山を頂点にして前身頃、後身頃の両面に、上向きに配置されるように染め上げた着物のことを言います

付下げは、訪問着よりも軽い感じの絵羽模様が特徴です。

絵羽模様(えばもよう」)というのは、着物や羽織に仕立てた時に、柄が一枚の絵のようにつながる模様のことです。 絵羽模様を作るには、白生地を染める段階から計算して反物にしなければならないため、大変手間がかかります。絵羽模様のきものは留袖、振袖、訪問着といった格式の高い着物に使われます。

付下げは訪問着に比べると仰々しくないので、訪問着よりも着ていける場が幅広いのが特徴です。

訪問着も付下げも、共に、古典模様から抽象模様まで様々なものがあり、素材は基本的に一越縮緬(ひとこしちりめん)、紋意匠縮緬(もんいしょうちりめん)、夏には絽などが使われます。

最近は、紬地の訪問着もあります。

訪問着の写真

訪問着の写真を少し見てみましょう。

View this post on Instagram

✨🌈✨カラフル子✨🌈✨さん(@colorful1972)がシェアした投稿

肩から裾にかけて綺麗に柄が繋がっていますよね。

これが訪問着の特徴です。

付下げの写真

裾のあたりの柄が綺麗に繋がっています。

ただ、訪問着に比べるとそれほど派手さが無いのが特徴です。

View this post on Instagram

KAORINさん(@kaorin.de)がシェアした投稿

最後に

はい。ということで、今回は訪問着と付下げの解説でした。

これまでに、小紋御召木綿色無地江戸小紋と解説してきましたので、着物の種類も少しずつ分かってきたかと思います。

もう少しで、着物種類の解説は終わりですので、もう少し頑張って覚えていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする