振袖とは?着物の種類を解説

振袖って何?

こんにちは。京都の着物屋の若旦那です。

今回は振袖の解説をしたいと思います。

振袖は、多くの方がイメージできると思いますが、細かい話もあって、知らないこともあるかと思いますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

振袖とは?

振袖は、成人式の日に着られることの多い、袖の長い着物ですよね。

正確な定義としては、「振袖とは、未婚の女性が着る礼・正装用の袖丈が長い着物」です。

未婚の女性が着るものなので、既婚の女性は基本的に振袖を着ることはできません。

ちなみに、次回解説しますが、既婚の女性の場合は留袖を着ることになっています。

袖の長さによって3種類に分けることができ、大振袖、中振袖、小振袖があります。

それぞれ、袖の長さはだいたい以下の通りです。

  • 大振袖:115cm以上
  • 中振袖:95cm〜115cmくらい
  • 小振袖:85cm〜95cmくらい

振袖には様々な模様が合って、古典的な模様からモダンな感覚のものまで多種多様です。

振袖はフォーマルな着物ですので、重ね衿を合わせて、やや太組の帯締め、ボリューム感のある絞りの帯揚げなどで華やかに装うことがポイントです。

重ね衿というのは、本来は着物を2枚重ねて着るところを、それを省略して、衿の見える部分だけを二枚に見えるようにする衿を言います。

重ね衿にすることで、格調高い華やかの装いを演出することができます。

帯の結び方

振袖の帯の結び方には、いくつかあるのですが、ここでは2種類紹介しておきます。

1つめは、立矢結びです。

最も代表的な帯結びの一つで、左肩から右脇まで斜めにすっきりと結びます。

こちらのお二人の女性がしているのが立矢結びです。

View this post on Instagram

noriさん(@nori519211)がシェアした投稿

次に、ふくら雀です。

太鼓結びの両肩に扇を乗せたような形になる結び方です。

吉祥柄のふくら雀がイメージできることから取られた名称です。

振袖だけではなく、若い女性の訪問着などにも結ぶことができる上品な結び方です。

こちらがふくら雀です。

View this post on Instagram

着付け 和来 ならいさん(@narai_kimono)がシェアした投稿

もう少し分かりやすく後ろの正面から見るとこんな感じです。

View this post on Instagram

シロップの着付けさん(@2syrup2)がシェアした投稿

振袖の写真

それでは、振袖の写真を紹介します。

こちらの女性は、姉妹の結婚式に出席されるときに振袖を着られたようです。

View this post on Instagram

まりまーり🌸さん(@fujimari29)がシェアした投稿

格調高い古典柄と絞りの豪華な振袖ですね。

View this post on Instagram

つむぎ屋本店さん(@tsumugiya_honten)がシェアした投稿

最後に

今回は振袖の解説でした。

代表的な帯の結び方の名称も紹介したので、ぜひこの機会に覚えておいて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする