黒留袖・色留袖とは?着物の種類を解説

黒留袖・色留袖って何?

こんにちは。京都の着物屋の若旦那です。

着物の種類の解説もあと少しとなりました。

今回は、黒留袖と色留袖について解説します。

黒留袖とは?

黒留袖は、黒地に染め抜きの5つ紋を付けた絵羽模様で、現代においては、既婚の女性の慶事の第一礼装とされています。

黒留袖を着る時には、喜びを重ねるという意味を込めて、必ず白羽二重のものを重ねて着ていました。

ただ、現代においては、それが簡略化されており、比翼仕立てにしたものが着用されています。

黒留袖は、結婚式の両家の親族をはじめ仲人夫人の正装となる風格のある装いです。

紋は必ず染め抜きの5つ紋と決まっており、帯締め、帯揚げは白色や金色のものを合わせます。

用語解説

いくつか専門用語が出てきたので簡単に解説します。

絵羽模様(えばもよう)というのは、着物や羽織に仕立てた時に、柄が一枚の絵のようにつながる模様のことを言います。

比翼仕立てというのは、2枚の着物を重ねて着ているように見せるために、着物の袖口、振り、衿、裾回し部分のだけを二重に仕立てることを言います。

色留袖とは?

色留袖は、黒地以外の色地の裾模様で、黒留袖と異なり未婚者でも着ることができます

5つ紋付の他、3つ紋、1つ紋があり、紋の数によって着物の格が決まります。

正式な場で、訪問着の代わりに着ることもできます。

1つ紋の色留袖は、訪問着よりもややフォーマルな装いとなります。

3つ紋付の場合は、親族以外の知人の結婚式や正式な慶びの式典に出席する場合に着ることができます。

5つ紋付の色留袖になると、黒留袖と同格の第一礼装となります。

黒留袖と色留袖の写真

こちらは四人全員が黒留袖を着られています。

しかも美人揃い。

すごいです😂

View this post on Instagram

onlyさん(@only.kimono)がシェアした投稿

次は、綺麗な淡いピンク色の色留袖です。

View this post on Instagram

着物レンタル青い鳥さん(@aoitori_kimono)がシェアした投稿

こちらは全体が写っていないのが残念ですが、白に近いベージュ色の美しい色留袖です。

View this post on Instagram

kao.。.:*⭒⬫✯さん(@kaori.n36)がシェアした投稿

最後に

色留袖と黒留袖は、未婚の女性でも着ることができるかどうかや紋の数などで少し違いがあります。

せっかくなので、この機会に覚えておいて下さいね。

それでは、今回はここまでです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする