喪服とは?着物の種類を解説

喪服・色喪服って何?

こんにちは。京都の着物屋の若旦那です。

着物の種類の解説も今回で最後になります。

今回は、喪服の着物について解説しますよ。

喪服(着物)とは?

喪服の着物は大きく分けて2種類あります。

1つは黒一色の喪服で、もう1つが紫、紺、グレーなどの色喪服です。

黒いきものに黒い帯(黒共帯)の喪服は喪の第一礼装となり告別式に着ます。

喪服は既婚・未婚の区別無く、黒の一越縮緬などの染め抜き5つ紋付の着物を着ます。

半襟、足袋は白色を着用し、それ以外は黒色で統一します。

夏には、絽の生地を用います。

留袖と異なり、比翼や重ね衿は悲しみを重ねないという意味で付けません。

通夜、一周忌などの法事には色喪服に黒い帯や小物を合わせて着ます。

色喪服は、紫、紺、グレーなどの無地の着物に黒の帯、小物一式を合わせます。

色喪服には、染め抜きの一つ紋を付けます。

用語解説

黒共帯(くろともおび)とは、黒の喪用の帯の事です。喪服に合わせる帯は、黒喪帯と色喪帯があり、黒い帯のことを黒共帯と言います。

喪服の写真

まずは黒一色の喪服の写真です。

この投稿をInstagramで見る

Mihoさん(@miho_biyou)がシェアした投稿

次に、綺麗な紫色の色喪服です。

この投稿をInstagramで見る

Tsuneka Aokiさん(@tsunekaaoki)がシェアした投稿

お次はグレーの色喪服です。

この投稿をInstagramで見る

宇都宮/着物/着付師/赤羽 郁枝さん(@kaoru198.kimono)がシェアした投稿

最後に

今回は、着物の喪服について説明しました。

これで、一応着物の種類についての解説は終わりです。

着物の種類が分かるだけでも少しは、着物に興味を持てるようになるかと思います。

それでは今回はここまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする